企業での問題・各調査

企業での問題では探偵の腕一つ結果は天と地に・・・一般の探偵社ではなかなか本質に迫れ切れていないのが現実

企業調査の探偵選びは慎重に

企業(法人)で起こり得る問題として社員・幹部社員・役員が情報を持ち退職し、前社の同寮や社員を引き抜き別法人を立ち上げ起業するに留まらず、前社の顧客を引き抜き平然と商売をしているといった情報の持ち逃げが多くあります。また、内部告発や経理上の数字の合う合わないから幹部社員や役員の不正、背任・横領といった被害に合われるケースも少なくありません。こうした問題は被害の額が大きくなる恐れがあり、早期に調査が必要と言えます。

まず、背任・横領であれば最寄りの警察へ相談することも大切です。しかし、その状況ですぐに事件として警察が捜査するとは限りません。現状、疑惑?といった不審感で確定していないのであれば警察で捜査とならないことでしょう。そうなると民間の探偵・興信所で調査の後、証拠を裏付けとして警察へ提出することとなります。

腕と誠実さが自慢の探偵に相談する
  • 千葉県をはじめとして、全国どこからでも24時間メールや電話での相談ができます
  • ご相談・お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
  • 調査の”実力”で勝負する探偵・興信所です。
  • 親身誠実に、依頼者のために全力を尽くすことをお約束します。

多くあるATM機の操作でも重要度が高い場合があり・・・

違いは、都度出向いた先へ潜入し、何をしたかを明確にすることが大事だと考えます。お金の出し入れでも、多くの探偵社では(〇〇銀行〇支店へ入る)と良くてもATM機を操作する後姿のみ記載され、実際の引出金額や送金をしたのかなどは明確化されないことが余りに多いのです。こうした一瞬の出来事を的確に捕えるには、強い責任感とそれ相当な探偵技量とチームワークが必要となることはお解りだと思います。

引き出した金額が大まか分かる撮影


運良くば 一瞬ですが、通帳記帳詳細が分かる場合もありため企業の調査では常に潜入は肝となります。
では 探偵といってもその実力は様々です。いったいどこへ相談したら良いのでしょうか? 企業の問題では被害額が大きくなるまたは既になっていることが考えられるため、こうした問題で有力な証拠が取れる技量がある探偵社見つけ出さなければなりません。インターネットで検索し、数ある探偵社のホームページを拝見してもこの企業での問題に特化しているページは余りに少ないのが現状です。

理由は以下の通りです。

●一般的に数のある話ではないこと
●殆んどの探偵社では悪事を働く警戒心バリバリの被調査人の決定打が撮れていないため特化して記載できない(成功率が悪すぎるため)
●大人数で調査をする必要があると言われてしまうため、予算が出せず話だけで終わってしまうことが多い
●失敗率が高い調査であるためやりたくない
などの要素があるため他社のホームページでは具体的に記載されていないのです。

また、こうした探偵調査が必要な場合、経営者(社長や会長)の認証が必要となるため、役員・幹部だけでは決められないことが想定されます。
当社ではこれまで企業で起こり得た様々な問題で、その企業の社長自らの依頼の他、弁護士とコンサルタント業の幹部からのご紹介が圧倒的に多くあり、この調査に限り、被調査人の行動で都度内部潜入する必要があるため、探偵の腕が事案の勝敗を分けてしまう重大な要素を持っています。
情報の持ち逃げや辞めた社員の起業など、やはりその法人の最高責任者の腹一つで、そこまでしてやるか、見過ごすかが左右し、探偵側からしても話だけで終わってしまうことが多々あるため、他社ではこの難しい問題を題材的に記載していないのです。

情報の持ち逃げは被害額が大きいことが大半!

当社での実績の中では、その企業の開発情報を持ち逃げただけにおさまらず、社員や幹部・役員の離職と思もしき、別の社員や幹部へ声を掛け従業者の引き抜き行為と、その企業の顧客の引き抜き行為があるケースが圧倒的に多くみられます。こうなると法人を経営する側は居てもたっても居られないことと思います。そのまま放置すれば御社の損失は更に膨らむ結果となるばかりか、それを機に荒稼ぎする元社員があり、やられた方の気持ちとしては良いはずがないと考えます。(中には億単位まで被害が膨れ上がったケースもあります)

裏金のやり取り・会社の金を使い込むケースでは

幹部以上になると取引先(下請け)や業者からのリベートのやり取りはこの現代でも多くあるのです。自身の役職を利用した権限で、取引先や業者から密かに裏金を貰う行為を会社側が気づいていなかったといったことは決して少なくないのです。また会社のお金を使い込むケースでは立場上経理関係者ばかりとは限りません。経理担当者と不倫し、経理上の誤魔化しをさせていたケースや、空の領収書にそれなりの金額を記載し、然も当然のように装うなど何れも時間の経過と共にエスカレートする危険性が高まるのです。

密かに行われる料亭などでの裏取引の一部画像
当社ではこうした企業内で起こり得た様々な問題としてその実態を暴くための企業調査依頼をお請けしております。
どの案件でも決してやさしい調査はないと考え、厳しい目調査を行う人員一人一人的確な指示教育をすること、ことの重大さ理解させることが成功のキーとなると考えています。企業での現場調査代表田端が指揮を執り、余念のない調査を行います。

一般的に企業での調査報告書はズサンな報告結果となりやすいため注意!

他社で行ったが有力証拠が取れなかった。または相手に気づかれてしまった
といった調査のやり直しを紹介されることが多くあります。
そこで前社の調査報告書を拝見することとなる訳ですが、厚みは十分ですが画像の少なさと肝心なところで画像が全くない、詳細がないことに気づきます。


大手を名乗る探偵では相当お高い調査費用を支払ったと聞くが、その中身は・・・
顧客から出された前者の調査報告書では●●ビルへ入る・●●ビルより出るといった極当たり前のことが記載され、そのビルのどこへ入ったかなど肝心な部分の記載がない調査報告書を多くみられるのです。もしこの雑居ビル・オフィスビルで有力人物と会っていたらどうでしょうか?依頼する側はせめて訪問先までは把握して貰いらいと誰しも思い、有力人物であれば、その人物の身元を押さえて貰いたいのでは?調査の発覚を避けることは、こうした見過ごしや有力情報を得れない原因となります。東京都内の企業での調査では特に打ち合わせ・面談場所として、喫茶店やホテルラウンジ・飲食店が多く利用されます。こうした場合でも会話を聞くことを一切していない(混雑していても席が空けば即座に確保する)努力はして欲しいと感じると思います。この背景には、その探偵社が利益を出すために実際の人員は下請け2名でカスカスの調査をさせていたことが、現場調査員にリスクを生ませてしまい、潜入すると気づかれ現場が潰れてしまうことを避けた結果と言えます。これは探偵をしている者なら誰しも、一番に発覚を避けたい心情が働くためです。ベテラン調査員でも、この調査でどういう動きをした時が重要かを明確に理解していなければ、自身で重要でないと判断してしまうこともあり、結果→重要性が高いシーンで見落としとなることもしばしばで、せっかく予算を出して調査したが何一つ知り得たい情報が上がらなかったということとなり兼ねないのです。こうしたことから企業での問題で探偵を雇う場合は、社名や価格に誤魔化されず、どこまでやれる技量を持ち合わせている探偵なのかを慎重に見極める必要性があるのです。

探偵の「質」は現場で仕留めた情報や画像が第一!

結果、調査報告書の「質」があなたの勝敗を左右させる!


実は探偵社名ではなく、探偵側が手配する現場調査員腕と根気がもっとも重要だったのです!
第一に、有力情報・証拠として現場調査員が仕留めた画像や情報が何より先決となりますが、当然、訴訟問題となるケースが多いため、調査報告書の質が勝敗を左右します。例えば、作文は立派でも画像が無い、弱いと当事者は言い逃れできてしまいます。探偵依頼では、優秀な現場担当者の専任手配と、商品となる調査報告書を少しでも依頼者様が優勢に立てるよう、この監修も 代表田端 の鋭い目と脳裏で作成させて頂きます。多くの探偵社では雛形に写真やその都度の文字を当てはめるだけのマニュアル通りの調査報告書が提出されています。


調査報告書は外観より中身です!ただ分厚いだけの報告書に注意!


有利とさせる文章の適正・画像の鮮明さにも拘るIDグループ


動画を必要としない鮮明な画像と分単位の行動記録を記載します

背任・横領行為の潜入収集

過去の事例として、企業での背任・横領問題では、その背任行為にメスが入れられる・・・

長期に亘る背任行為も内部潜入から実態や関与人物の特定まで明確にその実態が浮き彫りに!


この事案は被害者側の工場より横領物を第三者が持ち出し、売買に至るまでの一部始終を記録収集し、刑事事件となった。

企業での問題で調査料金・費用のお見積りは

企業調査ではどうしてもその場へ入らないと有力な証拠が取れないことが多く、画像だけでは分からない音声(会話集音)が必要となる場合も多々あるため、調査人員のランク ・チーム構成・車輌、バイクなどの適正数など調査内容により異なりますので、お見積りは現状をお聞きしてからとなります。※音声収集は探偵業界では相当ハイレベルに値します。


企業の問題でもターゲットの不倫が発覚したり、音声収集が必要となるケースが多くなります。地道な潜入調査でその実態や黒幕が判明するのです!
あなたの会社で起こってしまった大きな問題は、その現場調査員の意気込みと腕次第で大きな成果となるか、払い損となるかが左右します。東京・千葉の関東圏で企業調査の場数と成功実績が高いID綜合調査事務所へご相談下さい。

創業20年の間、弁護士・コンサルタント業・顧問業・政治家・保険業・広告代理店・外回り営業マン様からの御指名・ご紹介もありがとうございます!期待を裏切らない懸命な調査結果にコミットして参ります!

企業調査, 企業での問題, 情報の持ち逃げ,法人立ち上げ, 社員の引き抜き, 顧客の横取り, 背任・横領実態調査で有力証拠を押さえるIDグループ

腕と誠実さが自慢の探偵に相談する
  • 千葉県をはじめとして、全国どこからでも24時間メールや電話での相談ができます
  • ご相談・お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
  • 調査の”実力”で勝負する探偵・興信所です。
  • 親身誠実に、依頼者のために全力を尽くすことをお約束します。
信頼できる探偵社に相談してみたい方はお気軽にご連絡ください

探偵に調査を依頼するかどうか迷っているけどまずは相談だけでもしてみたい…

相談したうえで、依頼するかどうか考えたい…

そのような方は、当探偵事務所までお気軽にご相談ください。

当社では、”信頼”を得ることを最も重要と考えております。虚偽の調査成功率を告げたり、強引な営業は一切致しておりません。

親身誠実に相談・アドヴァイス・調査のご提案・見積りをさせていただくことをお約束します