経費の使い込み社員・幹部・役員の実態を調査

弊社では、長期に亘る探偵・興信所業務の中で、こうした経費の使い込みでの問題は、上場企業だけに留まらず、経営側・経理側の隙を見計らい、金銭の着服や経費の使い込みといった相談も少なくありません。
(多くは(東京)・(名古屋)・(大阪)を中心とした着服・経費の使い込み事実確認調査実例がございます)

こうした経営側にマイナスとなる経費の使い込み問題では、事業が大きくなるに値する傾向もある中で、一般の店舗・商店でも起こる問題でもあります。
(実例として都心に限らず、関東を中心とした着服・経費の使い込み事実確認調査事例がございます)

実際、着服・使い込みをする人物の多くは、その常習性が多く目立ち、経営側の対応として、

一般的に行われる対応は → 本人追求(事実追求)と思われますが、実際多くの場合 → 言い逃れられてしまうことが大半のようです。

こうした当事者は当然ながら(ズル賢い)頭脳を持っており、経営側・経理側の盲点を突いた使い込みを繰り返すことで、自身の欲求を満たす(生活費・遊び・ギャンブル・得たいものを買う・異性・風俗)などへ、その誤魔化したお金を使っていることが多くみられます。
※働いた給与だけでは満足しない人物が多いようです。

経費の使い込みで言い逃れさせないためには・・・

経費の使い込みでは、売上の他、接待交際費・交通費・旅費・偽装発注費・偽装処分費・集金額など様々な使い込みや誤魔化しが実在します。

中には経理担当者とグルになり、経営側へ長期の使い込みが発覚でず、億単位まで被害額が膨れ上がったケースもあるのです。

これは、当事者が一度不正行為を行い事業側にバレなければ、そのウマ味を知った上で、二度・三度と次第にエスカレートする兆候にあるため、長期間を要した使い込みでは、事業側が気づくこととなるため、被害額が相当な額に膨れ上がることが多く値する実情があります。

探偵が調査で、こうした使い込みの事実を押さえるには、その現場を収集する必要性があり、使い込みの内容によって様々な調査法を用いる必要性が出て来ます。

調査の方法
●素行調査を行う
●その現場となる使い込み事実(経費の誤算)を解明する
●決定打となる動画・画像の収集
●音声収集(会話収集)
●交通費の偽装では電車賃・バス賃・飛行機代など短期の素行調査で事実解明されることも多い
●横流し・商品発注・商品処分など事実解明でも、素行調査と内部潜入など探偵技量として激高の難易度となるため、一般の探偵社では結果が出せていないことが多い。

使い込みをする当事者は、当然ながら →(警戒心バリバリと言ったケースが多く、その収集は思うほど生易しくはないのです)

特に、当事者へ追求・追い込みを掛けた後の調査依頼では、警戒心が更に高まり、その行為が止む・または警戒が高すぎてその現場で気付かれてしまうといったリスクが強まるため、できれば当事者へ追求する前に、ご相談・ご依頼が望ましくなる事案と言えます。

経費の使い込み・着服でのご相談・ご依頼は、企業問題に特化するリサーチのIDグループID綜合調査事務所へご相談下さい。
これまで多くの企業問題を解明し、被害額をくい止める事実解明で実績が高い総合探偵社です。

↓下記バーナークリックでメールフォームへリンクします↓

クリックでメールフォームへ

信頼できる探偵社に相談してみたい方はお気軽にご連絡ください

探偵に調査を依頼するかどうか迷っているけどまずは相談だけでもしてみたい…

相談したうえで、依頼するかどうか考えたい…

そのような方は、当探偵事務所までお気軽にご相談ください。

当社では、”信頼”を得ることを最も重要と考えております。虚偽の調査成功率を告げたり、強引な営業は一切致しておりません。

親身誠実に相談・アドヴァイス・調査のご提案・見積りをさせていただくことをお約束します